ニュース

マラソンの大迫傑、東京を「ラストレースに」…「競技人生の最高のゴールにするため」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪男子マラソン代表の大迫傑(30)(ナイキ)が日本時間の29日、自身のSNSで「8月8日のマラソンを現役選手としてのラストレースにします」と、五輪本番を最後に引退する意向を表明した。

東京マラソン2020で日本新記録でゴールする大迫傑=代表撮影
東京マラソン2020で日本新記録でゴールする大迫傑=代表撮影

 合わせて公開した動画では、引退を決めた理由について「東京(五輪)を、自分自身の競技人生の最高のゴールにするため」とし、「次があるという言い訳を強制的になくしたくて、この大会をゴールにしました。このレースで終わりなんだって決めた今、自分が持てる全ての力が出し切れる気がしています」と語った。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2244026 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/29 12:10:00 2021/07/29 21:30:52 陸上・東京マラソン2020。男子。日本新記録でゴールする大迫傑=代表撮影。日本勢トップの4位に入った。東京都千代田区で。米オレゴン州ポートランドで行われた競技会に出場し、1万メートルで2レースを立て続けに走る異例の調整を行った。2021年5月30日朝刊[インデックス]に顔写真として掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210729-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「マラソン」のニュース

オリンピック 新着ニュース