ニュース

6ポイント差から一気に8失点、伊藤美誠「2ゲーム目取れなかったことが大きかった」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

卓球女子シングルス準決勝で中国の孫穎莎にストレート負けした伊藤美誠(29日、東京体育館で)=大原一郎撮影
卓球女子シングルス準決勝で中国の孫穎莎にストレート負けした伊藤美誠(29日、東京体育館で)=大原一郎撮影

 29日に行われた東京五輪の卓球女子シングルス準決勝で同い年のライバル孫穎莎(20)(中国)に完敗した伊藤 美誠(みま) (20)(スターツ)。試合直後のインタビューで「2ゲーム目が取れなかったことが大きかった」と悔しがった。

 第2ゲーム、立ち上がりからポイントを先行し、9―3とリードした。そこから一気に8失点。1―1のタイに戻すチャンスを失い、以降も流れを取り戻せなかった。「やっていることは悪くはなかったが、惜しくもなかった。本当に悔しい」と目を潤ませながら話した。

 ただ日本女子として史上初のメダル獲得の可能性は残されている。今夜8時からの3位決定戦へ向け「調子はそこまで悪くない。結構いい方だと思う。これが実力なので、しっかり気持ちを切りかえて、次の試合の準備をしたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2244284 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/29 13:01:00 2021/07/29 13:01:00 卓球女子シングルス準決勝で中国の孫穎莎にストレート負けした伊藤美誠(29日、東京体育館で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210729-OYT1I50084-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「卓球」のニュース

オリンピック 新着ニュース