ニュース

松山英樹・星野陸也が第1R出場、錦織圭はジョコビッチと対戦へ

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪第7日の29日、バドミントンの混合ダブルス準決勝で渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は中国ペアに1―2で敗れ、30日の3位決定戦に回ることになった。女子シングルスは、決勝トーナメント1回戦で奥原希望(太陽ホールディングス)がカナダ選手に快勝し、準々決勝に進出した。

 競泳男子200メートル平泳ぎの武良竜也(ミキハウス)は、決勝で2分8秒42の7位だった。男子200メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は決勝進出を決めた。ラグビーは女子1次リーグが始まり、初戦に臨んだ日本は0―48で豪州に完敗した。

 ゴルフは男子の第1ラウンドが行われ、日本の松山英樹、星野陸也が出場。テニスの男子シングルス準々決勝で、錦織圭(日清食品)が世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2244417 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/29 13:47:00 2021/07/29 13:47:00

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース