ニュース

金メダル効果、スケボー人気沸騰…「格好いい」体験会や教室に殺到

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日本勢の金メダル獲得で人気が高まっているスケートボード。体験会に参加する子どもたちが増えている(28日、東京都江東区で)=早坂洋祐撮影
日本勢の金メダル獲得で人気が高まっているスケートボード。体験会に参加する子どもたちが増えている(28日、東京都江東区で)=早坂洋祐撮影

 東京五輪の新競技・スケートボードで日本勢が二つの金メダルを獲得したことで、スケートボードの人気が沸騰している。体験会や教室の問い合わせが殺到し、買い求める客も急増している。一方で、スケボー禁止の公園が多く、トラブルの増加も懸念されている。(山田伸彦、井上雄太)

■申し込み急増

 「まずは上に立ってみよう」。東京都江東区のスケートボード場で28日、インストラクターに促された小学生ら27人が両手でバランスを取りながら、ゆっくりとスケボーに乗った。

 ヘルメットやプロテクターを身につけた子どもたちは、施設を運営する「H.L.N.A」が週1回開催するスクールの体験会の参加者。新競技の男子ストリートで堀米雄斗選手(22)が金メダルをとった直後から申し込みが急増し、スクールの入会者数が100人以上増えた。インストラクターの小林龍平さん(26)は「格好いいのでやりたいという子どもが多い」と話す。

 片足で地面を蹴って進む「プッシュ」を練習した小学3年の男児(9)(川崎市)は「テレビでボードが浮いて、回転しているのを見てすごいと思い、お母さんに頼み込んだ。初めてだったけど、スーッと前に進むのが、気持ち良かった」と喜んだ。

■売り上げ倍増

 東京都渋谷区の「ムラサキスポーツ原宿明治通り店」には、「スケボーを始めたい」「久々に再開しようと思う」と来店する若者らが相次ぎ、スケボーの売り上げが倍増した。

 同店はスケボー関連の商品が充実しており、専用コーナーにはカラフルなボード約500本が並ぶ。28日も親子連れや若者らが来店し、品定めしていた。

 スケボーは新型コロナウイルス下で「一人で楽しめるスポーツ」として人気が高まりつつあり、在庫が一時、品薄となったこともある。店長の藤原武郎さん(39)は「金メダルで競技人口が増え、人気が定着してほしい」と期待していた。

■「禁止」多く

 練習場の普及を進めるNPO法人「日本スケートパーク協会」(東京)によると、元々は海外の街中で生まれたスポーツだが、国内では多くの公園で、手すりや階段などの破損、騒音が発生し、安全面への配慮もあって禁止されている。人通りが多い道路でスケボーを走らせる人もおり、迷惑行為とみられることが多い。

 全国の練習場は今年5月末現在で418か所あるが、河崎覚・代表理事(51)は「海外とは比較にならないほど少ない」という。

 こうした状況から、協会などは、路上や禁止される公園で練習するスケーターが増えることを懸念する。新型コロナで施設の一部が閉鎖されており、競技人口の増加に対応できない可能性も高いという。

 コロナでスケボー場が閉鎖された東京・駒沢オリンピック公園で練習していた中学2年の男子生徒(14)は「五輪をみて上手になりたいと火がついた。ここは禁止エリアだけど練習場所がない。警備員にしかられたこともある」と話す。

 女子ストリートで金メダルに輝いた西矢 もみじ 選手(13)が練習する大阪府松原市の「スポーツパークまつばら」は、「堂々とスケボーで遊べる施設を」などとして市が整備した。

 同協会の河崎代表理事は「金メダル獲得でスケボーのイメージが変わった今がチャンスだ。子どもたちが思いっきり楽しめるよう、公園の一角を改修するなどプレーできる施設を増やしてほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2244759 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/29 15:00:00 2021/07/29 15:00:00 東京五輪スケートボードの日本勢が金メダルを獲得した影響で、参加者が増えているスケートボード教室(28日午後3時57分、東京都台江東区で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210729-OYT1I50110-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「スケートボード」のニュース

オリンピック 新着ニュース