ニュース

柔道男子100キロ級のウルフ・アロンが金メダル、男子日本勢で5個目の「金」

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪は29日、柔道男子100キロ級が行われ、ウルフ・アロン(25)(了徳寺大職)が、決勝で2018年世界選手権覇者の趙グハム(韓国)に、延長の末に大内刈りで一本勝ちし、五輪初出場で金メダルを獲得した。

柔道男子100キロ級 決勝 金メダルを決めたウルフ・アロン(29日、日本武道館で)竹田津敦史撮影
柔道男子100キロ級 決勝 金メダルを決めたウルフ・アロン(29日、日本武道館で)竹田津敦史撮影

 日本勢がこの階級を制するのは、2000年シドニー大会の井上康生(現全日本男子監督)以来21年ぶり。今大会の男子日本勢の金メダルは5個となり、1984年ロサンゼルス大会を上回り最多を更新した。女子を含めると8個目で、過去最多の2004年アテネ大会に並んだ。

 ウルフは、2回戦でウズベキスタン選手に一本勝ち。準々決勝はイスラエル選手を下し、準決勝では前回リオデジャネイロ大会銀メダリストのバルラム・リパルテリアニ(32)(ジョージア)に大内刈りで優勢勝ちした。

 ウルフは世界選手権では2017年大会で優勝。19年大会では3位になっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2245200 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/29 18:10:00 2021/07/29 19:37:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210729-OYT1I50154-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース