ニュース

池江出場の混合400メドレーリレー、全体9位で惜しくも決勝進出ならず

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

競泳混合400メートルメドレーリレーで決勝進出を逃した池江璃花子(左)ら(29日、東京アクアティクスセンターで)上甲鉄撮影
競泳混合400メートルメドレーリレーで決勝進出を逃した池江璃花子(左)ら(29日、東京アクアティクスセンターで)上甲鉄撮影

 東京五輪の競泳は29日夜、東京アクアティクスセンターで新種目の混合400メートルメドレーリレーの予選が行われ、日本は3分44秒15の全体9位で、31日の決勝には進出出来なかった。

 白血病から復帰した池江璃花子(21)(ルネサンス)が24日の女子400メートルリレー予選に続き出場、アンカーの自由形で7番目で飛び込むと、順位をひとつあげたが、第1組との合計では9位、チームとして0秒21とどかなかった。

 日本は第1泳者の背泳ぎを小西杏奈(25)(ガスワン)、第2泳者の平泳ぎを佐藤翔馬(20)(東京SC)、第3泳者のバタフライを松元 克央(かつひろ) (24)(セントラルスポーツ)が担当した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2245680 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/29 20:45:00 2021/07/29 21:10:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210729-OYT1I50176-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「競泳」のニュース

オリンピック 新着ニュース