ニュース

「たまごサンドイッチ最高」「一番の餃子」…海外選手や記者の「食レポ」がSNSで話題に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪で来日した海外の選手やメディアの行動は制限され、食事に癒やしを見いだす人が多いようだ。食事を楽しむ姿がSNSに多数投稿されている。

メインダイニングホールなどが入る東京五輪・パラリンピックの選手村の建物(手前)(東京都中央区で)
メインダイニングホールなどが入る東京五輪・パラリンピックの選手村の建物(手前)(東京都中央区で)

 選手村の大食堂では約700種類の食事が提供されている。7人制ラグビー女子のアメリカ代表、イローナ・マー選手は動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」で餃子を食べる姿を披露。「今まで食べてきた中で一番の餃子だわ」とおいしそうに頬張り、春巻きやラーメンを食べる姿も投稿している。

 日本食も人気だ。バレーボールのアメリカ代表、エリック・ショージ選手は、かっぱ巻きやツナ入りの寿司を食べて「good!(おいしいね)」と感想を述べた。枝豆や野菜入りの麺を食べる姿もTikTokに投稿している。

 選手たちがビニール手袋をつけて食事を取り分ける場面や手にアルコール消毒をする場面など、選手村での感染対策を紹介する投稿をする選手もいる。

 一方、カナダの公共放送CBCから派遣されているデビン・ハーロウ記者は、取材の合間にコンビニを毎日のように利用し、その様子をツイッターに投稿して人気となっている。

 ハーロウ記者は泊まっているホテルにあるセブン―イレブンで、枝豆やみそ汁、ヒジキ入りサラダなど、その日に買った商品を紹介している。これまでのツイートでは「アイスコーヒー天国だ」「たまご入りサンドイッチは最高だね」など商品の感想を述べるほか、「18時間の取材を終えて、午前2時10分に東京(のホテル)に帰ってきた。お店はまだやっているし、商品も補充されている。なんという場所だ」と店の対応にも称賛を送っている。

 別の日には「9時間ぶりだね。寂しかったよ」などと「セブン愛」を見せるハーロウ記者。フォロワーからはお勧め商品の紹介が相次いでいるという。さらに、CBCのホームページに、「オリンピックにおける高級店といえば24時間無休のセブン―イレブン」と題したコラム記事を掲載するほどで、すっかりお気に入りのようだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2247216 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/30 12:22:00 2021/07/30 14:08:52 メインダイニングホールなどが入る東京五輪・パラリンピックの選手村の建物(手前)。東京都中央区で。2020年11月19日朝刊[手探りの五輪と食]「(上)選手村食堂計画にコロナの影」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210729-OYT1I50195-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ラグビー7人制」のニュース

オリンピック 新着ニュース