ニュース

大迫「五輪がラスト」…陸上

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大迫傑
大迫傑

 東京五輪男子マラソン代表の大迫傑(30)(ナイキ)が日本時間の29日、自身のSNSで「8月8日のマラソンを現役選手としてのラストレースにします」と、五輪本番を最後に引退する意向を表明した。

 合わせて公開した動画では、引退を決めた理由について「東京(五輪)を、自分自身の競技人生の最高のゴールにするため」とし、「次があるという言い訳を強制的になくしたくて、この大会をゴールにしました。このレースで終わりなんだって決めた今、自分が持てる全ての力が出し切れる気がしています」と語った。

橋岡ら選手村に

 30日から競技が始まる陸上日本代表の若手有望メンバーが29日、東京・晴海の選手村入りに合わせてオンラインで記者会見した。

 2年前の世界選手権男子走り幅跳びで8位入賞した橋岡優輝(富士通)は「メダルを獲得することが、僕の最低目標」と宣言した。

 1964年東京大会男子マラソン銅メダルの円谷幸吉と同じ福島県出身で、1万メートル代表の相沢晃(旭化成)は「円谷選手は1万メートルで6位入賞しているので、そこを目標に頑張りたい」。女子やり投げ日本記録保持者の北口榛花(JAL)は「自分の競技で、たくさんの人を楽しませることができたらいい」と意気込んだ。

ケンドリクスがコロナ陽性で欠場

 米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)は29日、陸上男子棒高跳びで2017、19年の世界選手権を連覇したサム・ケンドリクスが新型コロナウイルス検査で陽性となり、東京五輪を欠場すると発表した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2246408 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/30 05:00:00 2021/07/30 05:00:00 陸上・東京マラソン2020。男子。日本新記録を樹立後、記者会見に臨む大迫傑。東京都千代田区で。2020年3月1日撮影。同年4月1日大阪朝刊[VOICE from SNS]「「もう一度、カウントダウン!」」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210730-OYT1I50023-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース