ニュース

大山 決勝進めず…射撃

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 女子25メートルピストル予選前半で、佐々木千鶴(岩手県警)が40位、山田聡子(自衛隊)は44位だった。男女のクレー・トラップ予選後半では、男子の大山重隆(大山商事)が29位、女子の中山由起枝(日立建機)は19位で、ともに決勝に進めなかった。

42歳中山「悔いなし」

 自身5度目の五輪に臨んだ中山は、予選を19位で終え、決勝に進めなかった。42歳のベテランは「最後は悔いなく引き金が引けた。私らしく、粘り強く、しぶとく、でも最後まで諦めずにというスタイルが出た。やることはやったなと思った」と振り返った。31日の混合に、昨年3月に結婚した大山とともに出場する予定で、巻き返しを目指す。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2246412 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/30 05:00:00 2021/07/30 05:00:00

「射撃」のニュース

オリンピック 新着ニュース