ニュース

「美誠のため」仕事辞めたコーチ…ノートは100冊、睡眠時間は1時間

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 卓球の女子シングルスで、日本選手で初めてメダルを獲得した伊藤 美誠みま 選手(20)。専属コーチの松崎 太佑たいすけ さん(37)は、仕事を辞めて伊藤選手の指導に情熱を傾け、二人三脚で歩んできた。

伊藤美誠選手(右)を支える松崎太佑コーチ(29日、東京体育館で)
伊藤美誠選手(右)を支える松崎太佑コーチ(29日、東京体育館で)

 伊藤選手は3位決定戦を制すと、ベンチの松崎さんと腕をタッチして静かに喜びを分かち合った。静岡県磐田市の豊田町卓球スポーツ少年団で伊藤選手を指導していた松崎さん。伊藤選手が中学入学時に大阪に拠点を移す際、専属コーチを依頼された。地元で会社員をしており迷ったが「トップ選手を指導する機会なんて、そうそうない」とついていくことを決断した。

 情報分析は徹底し、練習、試合、相手と分類し記したノートは100冊を超える。準備で睡眠時間が約1時間になることもざらだった。

 「これだけ、他の人のためにできる人っていないと思う。勝ちを見せてゆっくりさせてあげたい」という伊藤選手の感謝の思いが、快挙に結実した。(今井恵太)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2246437 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/30 05:00:00 2021/07/30 10:15:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210730-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「卓球」のニュース

オリンピック 新着ニュース