ニュース

柔道男子100キロ超級の原沢久喜、メダル逃す…3位決定戦でリネールに敗れる

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

柔道男子100キロ超級3位決定戦、フランスのテディ・リネール(右)に敗れた原沢久喜(30日、日本武道館で)=三浦邦彦撮影
柔道男子100キロ超級3位決定戦、フランスのテディ・リネール(右)に敗れた原沢久喜(30日、日本武道館で)=三浦邦彦撮影

 東京五輪は30日、柔道男子100キロ超級が行われ、原沢 久喜ひさよし (29)(百五銀行)が3位決定戦で、五輪2大会連続金メダルのテディ・リネール(仏)に延長の末に敗れ、メダルを逃した。開始5分4秒、原沢は3度目の指導を受け、反則負けとなった。

 前回リオデジャネイロ大会決勝でも原沢はリネールに敗れて銀だった。

 原沢は、初戦の2回戦で韓国選手に優勢勝ち、準々決勝ではウクライナ選手に延長の末に一本勝ちしたが、準決勝では、前回リオデジャネイロ大会の100キロ級覇者ルカシュ・クルパレク(チェコ)に延長で技ありを奪われて敗れていた。

 原沢は世界選手権は18年大会で銅メダル、19年大会で銀だった。

スクラップは会員限定です

使い方
2248697 0 東京オリンピック 2021/07/30 17:50:00 2021/07/30 19:09:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210730-OYT1I50148-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース