ニュース

男子エペ団体が金メダル、フェンシング初の快挙…日本の「金」17個で史上最多に

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ROCを破って金メダルを獲得し喜ぶ(左から)オレクサンドル・ゴルバチュクコーチ、見延和靖、山田優、宇山賢、加納虹輝(30日、幕張メッセで)=守谷遼平撮影
ROCを破って金メダルを獲得し喜ぶ(左から)オレクサンドル・ゴルバチュクコーチ、見延和靖、山田優、宇山賢、加納虹輝(30日、幕張メッセで)=守谷遼平撮影

 東京五輪は30日、フェンシング男子エペ団体決勝が行われ、世界ランキング8位の日本(宇山 さとる 、山田 まさる 、加納 虹輝こうき見延みのべ 和靖)はロシア・オリンピック委員会(ROC)を45―36で破り、フェンシングでは史上初の金メダルを獲得した。日本選手団の今大会の金メダルは17個となり、1964年東京大会と2004年アテネ大会の過去最多を早くも上回った。

 フェンシングの日本勢はこれまで、2008年北京大会男子フルーレの太田雄貴と、12年ロンドン大会男子フルーレ団体でそれぞれ銀メダルを獲得したのみ。エペでは男女を通じ日本勢初のメダルが金となった。

フェンシング男子エペ団体決勝、ROC選手(左)を攻める加納虹輝(30日、幕張メッセで)=守谷遼平撮影
フェンシング男子エペ団体決勝、ROC選手(左)を攻める加納虹輝(30日、幕張メッセで)=守谷遼平撮影

 フェンシングの団体戦では、各チーム3選手が総当たり戦で計9試合を行い、合計ポイントを競う。

 山田、加納、宇山の3人が出場した決勝は序盤から先行。中盤以降もリードを広げ、快勝した。ロシアの世界ランキングは7位。日本はこの日、準々決勝で世界1位のフランスに45―44と競り勝ち、準決勝は韓国に45―38で快勝していた。

 この種目で日本は、2019年にワールドカップ初優勝を遂げるなど、好成績を挙げていた。

スクラップは会員限定です

使い方
2249010 0 東京オリンピック 2021/07/30 19:53:00 2021/07/31 00:34:55 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210730-OYT1I50168-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「フェンシング」のニュース

オリンピック 新着ニュース