ニュース

女子100m障害、ママさんハードラー寺田明日香が準決勝進出…木村文子と青木益未は敗退

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪は31日、陸上女子100メートル障害の予選が行われた。一時は引退したが結婚、出産などをへて復帰した「ママさんアスリート」の寺田明日香(31)(ジャパンクリエイト)は12秒95で5組5着。5着以下の選手の中で4番目以内に入り、8月1日の準決勝に進んだ。

陸上女子100メートル障害、準決勝に進出した寺田明日香(31日、国立競技場で)=関口寛人撮影
陸上女子100メートル障害、準決勝に進出した寺田明日香(31日、国立競技場で)=関口寛人撮影

 寺田は「目標はファイナル(決勝)に残ること。ここからかなりギアを挙げないと。準決勝で自己ベストで走れるように、12秒7とか6とか目指して頑張りたい」と話した。

陸上女子100メートル障害予選、この組7位に終わった木村文子(31日、国立競技場で)=関口寛人撮影
陸上女子100メートル障害予選、この組7位に終わった木村文子(31日、国立競技場で)=関口寛人撮影

 1組の木村文子(33)(エディオン)は13秒25、3組の青木益未(七十七銀行)は13秒59。ともに7着で敗退した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2250356 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/31 11:36:00 2021/07/31 11:42:43 陸上女子100メートル障害予選、この組7位に終わった木村文子(31日、国立競技場で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース