ニュース

陸上女子100mに出場、ナイジェリア選手から禁止物質検出…暫定的に資格停止

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット(AIU)」は31日、ドーピング検査で禁止物質が検出されたとして、東京五輪の陸上女子100メートルに出場していたブレッシング・オカグバレ選手(32)(ナイジェリア)に暫定的な資格停止処分を科したと発表した。五輪開幕前の19日に採取した検体からヒト成長ホルモン(hGH)が検出されたという。

 オカグバレ選手は2008年北京五輪の走り幅跳び銀メダリスト。4大会連続出場となる今回は、30日の100メートル予選で6組1着に入り、31日の準決勝に進んでいた。200メートルや400メートルリレーにも出場予定だった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2251165 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/31 18:41:00 2021/08/01 01:32:00

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース