ニュース

BMX用語「キャンキャンとゲシる覚えた」…ハイテンションな解説も話題に

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 31日に行われた東京五輪のBMXフリースタイル・パーク予選で、テレビ中継の番組解説を務めたプロライダーのハイテンションな解説がSNSで評判になっている。

31日、BMX男子フリースタイル・パーク予選で、技を決める中村輪夢選手(ロイター)
31日、BMX男子フリースタイル・パーク予選で、技を決める中村輪夢選手(ロイター)

 解説者として出演したのは、プロライダーの 勅使川原(てしがはら) 大地さん。選手たちの技を解説しながら「イエース」「イエー」と、NHKらしからぬテンションで声援を送った。日本のエース、中村 輪夢(りむ) が大技を決めた時には「オーマイガー!」と絶叫、番組の盛り上げに一役買った。これについてSNSでは「自然体で伝えてくれる」「stay homeの (いや) し」などの好意的な投稿が目立った。

 一方、勅使川原さんの口からは、BMXの世界で使われる独特な用語も続々と飛び出した。ジャンプしながら片足を反対側の足の前に出す技「キャンキャン」や、着地の際に後輪が障害物に引っかかってしまう「ゲシる」は注目され、「キャンキャンとゲシる覚えた」「新たなパワーワード」「『ゲシる』どうしても笑ってしまう」といったコメントが相次いだ。

 フリースタイル・パークの決勝は8月1日午前11時20分から行われる予定。勅使川原さんが引き続き解説する。 スタートリストはこちら。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2251495 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/31 21:29:00 2021/07/31 23:12:42 Tokyo 2020 Olympics - BMX Freestyle - Men's Park - Seeding - Ariake Urban Sports Park, Tokyo, Japan - July 31, 2021. Rim Nakamura of Japan in action REUTERS/Christian Hartmann     TPX IMAGES OF THE DAY https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYT1I50170-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「中村輪夢」のニュース

オリンピック 新着ニュース