ニュース

陸上男子100m、山県・小池・多田はいずれも予選で敗退…4大会ぶりに準決勝進出なし

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子100メートルで予選敗退した山県亮太(中央)(31日、国立競技場で)=関口寛人撮影
男子100メートルで予選敗退した山県亮太(中央)(31日、国立競技場で)=関口寛人撮影

 東京五輪は31日、陸上の男子100メートル予選が行われ、9秒95の日本記録保持者の山県亮太(29)(セイコー)は、10秒15で3組4位、9秒98の自己ベストを持つ小池祐貴(26)(住友電工)は10秒22で4組4位、五輪代表選考会を兼ねた6月の日本選手権を制した多田修平(25)(住友電工)も10秒22で1組6位、3人とも予選敗退が決まった。

 予選は各組3位以上および、4位以下のタイム上位3人が準決勝に進出するが、3人とも順位とタイムとも届かなかった。

 日本男子がこの種目で準決勝に進めなかったのは2004年のアテネ大会以来4大会ぶり。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2251370 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/31 20:42:00 2021/07/31 20:52:42 男子100メートル予選、この組4位となった山県亮太(中央)(31日、国立競技場で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYT1I50172-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース