ニュース

決勝では出番がなかった大野将平「監督を男にすることができず、残念です」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

柔道競技を終え、選手らに胴上げされる井上康生監督(31日、日本武道館で)星野勇太撮影
柔道競技を終え、選手らに胴上げされる井上康生監督(31日、日本武道館で)星野勇太撮影

 31日に行われた東京五輪の新種目、柔道混合団体で日本は決勝でフランスに1―4で敗れて銀メダルに終わった。

 大野将平は「混合団体で負けたこと、それはしっかりと胸に刻まないといけない。キャプテンとしてチームを優勝に導くことができなかった責任を感じています。また3年後、日本柔道チームとしてリベンジできるように精進していきたいです」と話した。

 決勝では最終6人目として登場する予定だったが、その前に勝負が決し、出番はなかった。「正直、この場で自分の柔道を見せたかった気持ちはありますが、このチームで戦えたことを誇りに思っています。(井上康生)監督を男にすることができず、残念です」と肩を落とした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2251451 0 東京オリンピック2020速報 2021/07/31 21:09:00 2021/07/31 21:29:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYT1I50181-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース