ニュース

BMXショップ営む父が名付けた「輪夢」という名前が話題に…「藤川球児に近い名前」

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の自転車・BMX男子フリースタイル・パーク決勝に進出する中村 輪夢(りむ) (19)。SNS上では、競技を体現したかのような「輪夢」という名前が話題になり、活躍を期待する声が相次いでいる。

男子BMXフリースタイル・パーク、シーディングランでトリックを決める中村輪夢=31日有明アーバンスポーツパーク(共同)
男子BMXフリースタイル・パーク、シーディングランでトリックを決める中村輪夢=31日有明アーバンスポーツパーク(共同)

 中村は京都市出身。父がBMXショップを営み、「リム」の名前は自転車の車輪部の部品に由来するという。

 輪夢という命名に、「お父さんの強い意思を感じる」「BMXやるために生まれてきた男」と受け止めた人が多かったようだ。「親子二代夢託しネーム」と名付けた人もいた。

 五輪出場を果たしたことにも「中村輪夢って、すごい名前だなー。自転車のリムと、車輪の輪、そして夢。まさに自転車の五輪代表になるべくしてなった名前」「輪夢って名前で親の期待通りオリンピック出れるのがすごい」と感動する声が相次いだ。

 競技名を思い起こさせる名前として、多くの人が挙げたのは、藤川球児さん(41)。「球児」の名前の通り、プロ野球・阪神タイガースなどで22年間投手として活躍し、昨年引退。中村を「元プロ野球選手で言うと、藤川球児に近い名前」「チャリ版の藤川球児みたい」と例えた人も。ラガーマンだった父が「色々なことにトライしてほしい」との願いを込めた、プロ野球・オリックスの伏見 寅威(とらい) (31)を連想した人もいた。

 もちろん、親の期待が重圧になることも少なくない。中村の活躍を「生まれながらにご家族の夢を背負わされまくったけどちゃんと (かな) えたすげー人増えた」とたたえる人がいる一方、「生まれた瞬間から名前に込められまくった親の期待を成し遂げるのって、本当に半端じゃないよな 私ならグレちゃいそう」など、我が身に置き換える声もあった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2252383 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/01 11:01:00 2021/08/01 11:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210801-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「自転車」のニュース

オリンピック 新着ニュース