ニュース

指の股が深い・きつい…松山英樹の「手袋」注文に対応、繊細な職人技の女性

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

松山選手のゴルフ手袋の特徴を語る山下さん(香川県東かがわ市で)
松山選手のゴルフ手袋の特徴を語る山下さん(香川県東かがわ市で)

 東京五輪男子ゴルフで金メダルを目指す松山英樹選手(29)は31日、3日目のラウンドに臨んだ。4月のマスターズ・トーナメント制覇に続く快挙を狙う松山選手の手袋を作るのは、香川県東かがわ市の工場で50年以上働く一人の女性。職人技が、プロの繊細な感覚を支えている。(有留貴博、中山真緒)

ゴルフ男子の第2ラウンドに臨む松山英樹選手(30日、霞ヶ関カンツリー倶楽部で)=冨田大介撮影
ゴルフ男子の第2ラウンドに臨む松山英樹選手(30日、霞ヶ関カンツリー倶楽部で)=冨田大介撮影

 同市のスポーツ用手袋メーカー「ハシセン」は、「スリクソン」ブランドなどのゴルフ手袋を、OEM(相手先ブランドによる生産)で製造。松山選手がプロ転向後の2013年から使うオーダーメイドの手袋をすべて作っているのが、入社57年の山下多美子さん(71)だ。

 ベテラン一人に任せている理由を、橋本庄市社長(64)は「縫製が1ミリ違うと着け心地が変わる。他の人に任せられない」という。

 山下さんは、指先の感覚を頼りに、手作業で縫製する。季節で縫い方を変え、痩せる夏場は少しきつめに作る。他のプロより生地が少し厚めなのは、「ハードに打つ松山選手に合わせた」(橋本社長)という。

 1日に作れる数は30枚が限界。目が疲れると、どうしてもミリ単位のズレが生じる。山下さんは自分ではめて確認し、やり直す。それでも、松山選手から「指の股が深い」「きつい」と細かい注文が入る。

 松山選手のために作る手袋は年間約500枚。他のプロ選手の5倍だ。山下さんは、毎日新しい物に替えている、と聞いた。「それだけ手の感覚を大事にしている、ということなんでしょう」と推測する。

 13年のプロ初優勝時、自分が作った手袋を着けているのを見て喜びが湧いた。「テレビでも、顔より手袋を見ちゃう」と笑う。

 1回くらい、勝つところをゴルフ場で見てみたいが、松山選手は日本での試合が少なく、仕事もあって願いはかなっていない。無観客の五輪もテレビで見守る。「自分の作った手袋で、金メダルを取ってくれたらうれしい」

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2252486 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/01 11:34:00 2021/08/01 11:34:00 松山選手の手袋を説明する山下さん(東かがわ市で)=中山真緒撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210801-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ゴルフ」のニュース

オリンピック 新着ニュース