ニュース

バスケ男子、決勝T進出の条件は…強豪・アルゼンチンと激突

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪のバスケットボール男子は1日、45年ぶり出場の日本が1次リーグでアルゼンチンと対戦。1次リーグ2連敗の日本だが、この試合で勝てば決勝トーナメント進出を決める大一番となる。

バスケットボール男子 アルゼンチンー日本 ダンクシュートを決める八村塁(1日、さいたまスーパーアリーナで)=星野勇太撮影
バスケットボール男子 アルゼンチンー日本 ダンクシュートを決める八村塁(1日、さいたまスーパーアリーナで)=星野勇太撮影

 1次リーグは3組に分かれ、A組は1位フランスと2位アメリカが、B組は1位オーストラリアと2位イタリアがすでに決勝T進出を決めている。日本のC組もすでに2勝を挙げているスペインとスロベニアが決勝T行きの切符を手に入れた。

 決勝Tへは、各組2位以内の6チームに加えて、3位3チームの中から勝率や得失点差、直接対決の結果などによって2チームが進出できる。

 この2枠を争っているのは、A組3位のチェコ、B組3位のドイツ、そして初勝利をかけて戦う日本とアルゼンチンの4か国だ。

 チェコは絶望的な状況。31日のアメリカ戦に35点差で敗れて、得失点差は「-49」。4チームの中で最も分が悪い。B組のドイツは1勝2敗の得失点差「―16」でほぼ「当確」だ。

 残る1枠は、C組の3位を争うアルゼンチンと日本か。日本は得失点差「―46」で、アルゼンチンは「―28」での直接対決。決勝T進出の条件には「直接対決の成績」も含まれている。そのため、日本が試合に勝てば、C組内では日本が進出対象になる上、チェコの得失点差が日本よりも大きくなるので日本の決勝T進出が決まる。

 日本の世界ランキング42位に対してアルゼンチンは4位。強豪からの1勝と決勝T進出――。日本のバスケ界に新たな歴史を刻むかもしれない一戦は、午後1時40分に始まった。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2252622 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/01 13:09:00 2021/08/01 17:58:42 バスケットボール男子 アルゼンチンー日本 第2クオーター、ダンクシュートを決める八村塁(1日、さいたまスーパーアリーナで)=星野勇太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210801-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「バスケットボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース