ニュース

那須川天心は幼なじみ、対戦経験も…自衛隊員の女子ボクサーはパンチ力に定評

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪のボクシング女子フライ級でメダルを確定させた並木 月海(つきみ) (22)(自衛隊)は1メートル53と、最軽量級の女子選手の中でも小柄だが、パンチ力には定評がある。動きの速さも抜群のサウスポーだ。「海外の強い女子選手とやりあう感覚を養うため」に、日ごろの練習では男子プロボクサーと打ち合っている。

ボクシング女子フライ級準々決勝 イングリトロレナ・バレンシアビクトリア(左)に勝ち、準決勝進出を決めた並木月海(1日、両国国技館で)=守谷遼平撮影
ボクシング女子フライ級準々決勝 イングリトロレナ・バレンシアビクトリア(左)に勝ち、準決勝進出を決めた並木月海(1日、両国国技館で)=守谷遼平撮影

 千葉県成田市出身で、幼稚園から極真空手、小学3年からキックボクシングを習った。総合格闘家の那須川天心は幼なじみで、対戦経験もあるという。「普通の女の子になりたい」と、中学時代にいったん格闘技から遠ざかったものの「1年で飽きた」。中学2年で再び始めた格闘技がボクシングだった。強豪の花咲徳栄高(埼玉)で頭角を現し、やがて軽量級の日本女子きっての実力者に。2018年の世界選手権で銅メダル、19年の世界選手権では8強と、安定した実績を残して東京オリンピックを迎えた。

 五輪出場権を獲得した頃、フェザー級の入江聖奈(20)(日体大)と2人で、日本女子チームの愛称を決めた。「ブルーローズ・ジャパン」。一足先に決勝進出した入江とそろって金メダルを勝ち取り、大輪の青いバラを咲かせられるか。花言葉は「夢かなう」だ。(読売新聞オンライン)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2252932 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/01 17:33:00 2021/08/01 19:28:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210801-OYT1I50082-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ボクシング」のニュース

オリンピック 新着ニュース