ニュース

転倒した2人の「同時ゴール」に感動広がる…「無観客じゃなかったら拍手の嵐だったろうな」

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の陸上男子800メートルで起きた一つのドラマが感動を呼んでいる。今大会の開会式のモットー「United by Emotion(感動で私たちは一つになる)」を体現したような2人の友情に世界から称賛の声が送られている。

陸上男子800メートル準決勝で交錯して転倒し、共にゴールを目指す米国のアイザイア・ジュエット(左)とボツワナのニジェル・アモス(1日、国立競技場で)=冨田大介撮影
陸上男子800メートル準決勝で交錯して転倒し、共にゴールを目指す米国のアイザイア・ジュエット(左)とボツワナのニジェル・アモス(1日、国立競技場で)=冨田大介撮影

 ドラマは1日の準決勝の最後のカーブに起きた。2012年ロンドン五輪銀メダリストのニジェル・アモス(27)(ボツワナ)とアイザイア・ジュエット(24)(アメリカ)が交錯して転倒。2人は起き上がり、他の選手と1分近く遅れながらも互いに声を掛け合いながら同時にゴールしたのだ。

 転倒して「心が折れた」ジュエット。ただ、それでも前を向き、共に転倒したアモスを抱き起こして「行こう」「ゴールしよう」と声をかけた。2人が肩を並べてゴールすると、このレースにツイッターでは「立ち上がり、お互いゆっくりゴール。感動のシーンでした」「握手してからまた走り始めた…。素晴らしい」などと感動が広がった。「無観客じゃなかったら東京の観客たちは拍手の嵐だったろうな」という声も聞かれた。

 アニメ好きを公言するジュエットは、レース後のインタビューで「アニメのスーパーヒーローはどんなに怒っていたとしても、一日の最後には英雄になる。僕も同じことをしたんだ」と答え、アモスも「勝ち抜くチャンスはあったが、800メートルではこういうことが起きるものだ」とこの事態を受け入れた。そしてアモスは、肩を並べてのゴールについて「United by Emotion」と口にした。

 海外メディアも報じた。アメリカのNBCテレビは、オリンピック・パラリンピック用の公式ツイッターで「2人のレースは短いものになったが、究極のスポーツマンシップを見せてくれた」と動画付きで投稿。2人の友情をたたえている。

スクラップは会員限定です

使い方
2254239 0 東京オリンピック 2021/08/02 10:56:00 2021/08/02 16:01:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210802-OYT1I50121-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース