ニュース

リオ「銀」の卓球男子団体、豪に圧勝し準々決勝に進出

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

卓球男子団体1回戦、第1試合のダブルスで豪州ペアと対戦する丹羽孝希(手前)、水谷隼組(2日、東京体育館で)=大原一郎撮影
卓球男子団体1回戦、第1試合のダブルスで豪州ペアと対戦する丹羽孝希(手前)、水谷隼組(2日、東京体育館で)=大原一郎撮影

 東京五輪は2日、卓球男子団体の1回戦が行われ、日本(張本智和、丹羽孝希、水谷 (じゅん) )は豪州に圧勝し、準々決勝に進んだ。

 日本は、丹羽と水谷が組んだダブルスで、わずか16分で3ゲームを奪う圧勝。続く張本と水谷のシングルスも相手に1ゲームも与えずにストレート勝ちした。

 この種目の日本は、前回リオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得しているが、丹羽と水谷はその準優勝メンバーで、2大会連続のメダルを目指している。水谷は前回大会のシングルスで銅、今大会の混合ダブルスで金メダルを獲得していて、計4個目のメダルを懸ける。

 団体の日本は今大会、女子も1ゲームも失わずに初戦を突破している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2254297 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/02 11:22:00 2021/08/02 11:26:22 卓球男子団体1回戦、第1試合のダブルスで豪州ペアと対戦する丹羽孝希(手前)、水谷隼組(2日、東京体育館で)=大原一郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210802-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「卓球」のニュース

オリンピック 新着ニュース