ニュース

初戦で敗れたレスリング・土性沙羅、敗者復活戦で「銅」目指す…女子68キロ級

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

レスリング女子68キロ級1回戦で米国のタミラマリアナ・メンサ(右)に敗れた土性沙羅(2日、幕張メッセで)=里見研撮影
レスリング女子68キロ級1回戦で米国のタミラマリアナ・メンサ(右)に敗れた土性沙羅(2日、幕張メッセで)=里見研撮影

 東京五輪は2日、レスリング女子68キロ級が行われ、土性(どしょう)沙羅(26)(東新住建)が1回戦で、2019年世界選手権覇者のタミラマリアナ・メンサ(米)にテクニカルフォール負けし、前回リオデジャネイロ大会に続く2大会連続の金メダルはならなかった。

 メンサが決勝に進み、3日の敗者復活戦に回れることになったため、メダルの可能性はまだ残されている。

 世界選手権は17年大会で優勝した土性だが、次の19年大会では、メンサに大敗。今大会の最大のライバルとみられていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2254350 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/02 11:40:00 2021/08/02 19:51:52 レスリング女子68キロ級1回戦で米国のタミラマリアナ・ストックメンサー(右)に敗れた土性沙羅(2日、幕張メッセで)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210802-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「レスリング」のニュース

オリンピック 新着ニュース