ニュース

抗議行動禁止の表彰台で両腕交差、女子砲丸投げ銀メダリスト「抑圧されている人々が出会う交差点」

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の陸上女子砲丸投げで銀メダルを獲得したレーベーン・ソーンダース選手(25)(米)が、1日の表彰式で頭上で両腕を交差させる抗議行動をした。ソーンダース選手は性的少数者(LGBT)の支持者で、英BBC(電子版)によると、「抑圧されているすべての人々が出会う交差点」との意味を込めたという。東京五輪の表彰台での抗議行動は初めて。

両腕を交差させ抗議するソーンダース選手(ロイター)
両腕を交差させ抗議するソーンダース選手(ロイター)

 国際オリンピック委員会(IOC)は7月、政治的、宗教的、人種的な宣伝活動を禁じている五輪憲章第50条を一部緩和し、競技開始前などの抗議行動を認めたが、表彰式では禁じている。

 ソーンダース選手は精神的な不調に悩んでいた経験があり、メダル獲得を「私だけでなく、世界中で苦闘している人の象徴になる。多くの性的少数者や自殺しようかと悩んでいる人を励ますことができる」と喜んだ。

 IOCは2日の記者会見で、米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)や世界陸連と連絡を取り、事態を調査しているとした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2255527 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/02 18:58:00 2021/08/03 09:07:12 Tokyo 2020 Olympics - Athletics - Women's Shot Put - Medal Ceremony - Olympic Stadium, Tokyo, Japan – August 1, 2021. Silver medallist, Raven Saunders of the United States wearing a protective face mask poses on the podium REUTERS/Hannah Mckay https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210802-OYT1I50138-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース