ニュース

一時はトップに立った三浦龍司「入賞できたんですが、悔しい気持ちもある」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

陸上男子3000メートル障害 7位に入った三浦龍司(2日、国立競技場で)飯島啓太撮影
陸上男子3000メートル障害 7位に入った三浦龍司(2日、国立競技場で)飯島啓太撮影

 2日に行われた陸上の男子3000メートル障害で7位に入賞した三浦龍司(19)(順大)は、積極的なレースで一時はトップに立ち、メダルの期待も高まったが、中盤以降は集団に飲まれた。レース後「入賞できたんですが、正直、悔しい気持ちもある」と振り返った19歳は、「3年後のパリ五輪を目指しているので、今回の7位以上、自分で納得できる走りを突き詰めていきたい」と、さらなる高みを目指した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2255941 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/02 21:46:00 2021/08/02 21:54:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210802-OYT1I50168-T.jpg?type=thumbnail

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース