ニュース

19歳・三浦、3000障害で日本人初入賞の7位…陸上

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

臆せず走り切り視線はパリ「目指す目標にしたい」

陸上男子3000メートル障害決勝で7位になった三浦龍司(2日、国立競技場で)
陸上男子3000メートル障害決勝で7位になった三浦龍司(2日、国立競技場で)

 日本勢49年ぶりとなる決勝でも、三浦の走りは変わらなかった。世界の強豪に臆することなく、一時は先頭に立ち、残り1周で順位を上げて7位でゴール。日本勢でこの種目初、長距離トラック種目では21年ぶりの入賞をつかみ、「五輪の舞台をしっかり走り切った」と喜んだ。

 「跳ぶように走る」。三浦のダイナミックなスパートは、そんな表現がぴったりだ。肘が肩の高さに来るほど大きく腕を振り、アフリカ勢にも負けないストライドでぐいぐい加速する。

 フォームの土台は京都・洛南高時代に培った。走り込み重視で鍛えるのではなく、「短距離の延長」という指導方針の下、俊敏で多彩な動き作りに励んだ。持ち味の肩甲骨や股関節の柔軟性に磨きがかかった。

 順大入学後は、20キロ以上を走る箱根駅伝を見据えた走り込みで終盤の余力がついた。長門俊介監督の指摘で、横に開き気味だった腕振りを縦に鋭く振ることを意識。三浦が「スピードアップのギアが増えた」と語る通り、苦手だったラストの切り替えが、「代名詞」と言える武器に変わった。

 大学4年をかけて目指していた日本記録更新も五輪出場も1年余で実現。そのうえ入賞も果たしたが「悔しい気持ちもある」。3年後のパリ五輪ではメダルの期待も高まるが「目指す目標にしたい」と言い切った。新星は、まだ19歳。どこまで伸びるのか、その潜在能力は底知れない。(西口大地)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2256479 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/03 05:00:00 2021/08/03 05:00:00 陸上男子3000メートル障害、7位になった三浦龍司(2日、国立競技場で)=飯島啓太撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース