ニュース

【独自】五輪「肯定する」投稿、開幕後に急増…感染急拡大で一転「否定的投稿」も目立つように

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪に対する評価をツイッターの投稿内容から分析したところ、開催に肯定的な内容の投稿の占める割合が開幕後に急増した。その後、新型コロナウイルス感染の拡大とともに「肯定」の投稿は低下傾向に転じ、1日時点では「否定」と同数となっている。

 NTTコムオンライン(東京)が、SNS上の評価を分析するソフト「Buzz Finder」を使い、7月1日と20日、開幕日の23日以降の毎日、「五輪」か「オリンピック」を含む投稿の中から100件を無作為に抽出。その内容を分析担当者が読み、肯定的か否定的かを判断した。

 7月1日時点の投稿は肯定的な内容が5%、否定的なものは71%だった。開幕日の23日になると、肯定が24%に上昇する一方、否定は34%に下降。24日には肯定と否定が逆転し、新競技・スケートボードの男子ストリートで堀米雄斗選手が金メダルに輝くなど、メダルラッシュとなった25日には「盛り上がる」「元気をもらえる」といった肯定が46%に達した。

 その後、先月29日に全国の感染者数が初めて1万人を超えるなど、感染の急拡大傾向が鮮明になってからは、否定的な投稿も目立つようになった。今月1日時点では、肯定、否定とも18%で並んでいる。

 投稿された単語の上位10位をみると、7月1日時点では「中止」が最も多かった。開幕翌日の24日は、開会式で披露された「ピクトグラム」が2位に入り、10位以内から「中止」や「コロナ」、「感染」が消えた。その後は「金メダル」や「選手」が1位となる一方で、「中止」や「感染拡大」も再び10位以内に上がっている。

 同社の赤田賢一チーフ・コンサルタントは「ツイート数から見ると、五輪の注目度は高い。開催前は否定的だった人も、日本選手の活躍などに感動している様子がうかがえる。今は、選手の活躍に注目しつつも、感染拡大を懸念する複雑な状況となっている」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2257811 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/03 15:00:00 2021/08/03 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYT1I50136-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース