ニュース

初の「金」に入江「現実ですか?」…「がんばれ元気」読み小3からジム通い

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪のボクシング女子フェザー級(57キロ以下)で3日、入江 聖奈(せな) (20)(日体大)が金メダルに輝いた。「何回もほっぺをつねった。夢じゃないかと。現実ですか?」。2012年ロンドン五輪から実施されているボクシング女子で最初の日本人金メダリストは、初々しく喜んだ。

ボクシング女子フェザー級を制し、金メダルを手に笑顔の入江聖奈(3日、国技館で)=若杉和希撮影
ボクシング女子フェザー級を制し、金メダルを手に笑顔の入江聖奈(3日、国技館で)=若杉和希撮影

 決勝は「13年間の(ボクシング経験の)すべてを出そう」とリングに立った。だが、フィリピンの強豪との激しい打ち合いを制した試合内容は「何も覚えてない」と苦笑いする。「気がついたら(表彰式のために)着替えていた。無我夢中だった」

 リング上で判定が読み上げられた瞬間は、手をたたき、両腕を広げて跳び上がった。大粒の涙を流し、相手選手と抱き合って健闘をたたえ合った。表彰式では日の丸の掲揚を感慨深げに見つめていた。「実感が湧かないので、金メダルをこれから何度も見つめます」と、ほほ笑んだ。

 鳥取県米子市出身の20歳。実家で母が持っていたボクシング漫画「がんばれ元気」を読んだ小学3年の頃から、地元のジムに通って練習に励んできた。今大会の水泳・飛び込みに出場した三上紗也可(日体大)は中学の同級生で、今も競技の枠を超えて励まし合っている。

 高校1年夏に公式戦で初黒星をつけられた相手が、2学年上の並木月海(現・自衛隊)だった。「自分よりずっと早くから、並木さんは世界大会で活躍してきた。いつか肩を並べられるようにと頑張ってきた」。現在は一つ下の階級で戦う並木と2人で、東京五輪に出場した。並木も準決勝に勝ち残ってメダルを確保しているが、一足先に金メダルを獲得した。

 並木と一緒に考えたボクシング日本女子代表チームの愛称は「ブルーローズ・ジャパン」。青いバラの花言葉「夢かなう」にちなんでつけた。並木と2人でメダルを取り、大輪の花を咲かせた。(読売新聞オンライン)

スクラップは会員限定です

使い方
2257786 0 東京オリンピック 2021/08/03 14:58:00 2021/08/03 16:27:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYT1I50139-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ボクシング」のニュース

オリンピック 新着ニュース