ニュース

亡命希望のベラルーシ選手、あす出国へ…茂木外相「安全確保に努める」

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の陸上競技に出場し、亡命希望を表明したベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)について、国際オリンピック委員会(IOC)は3日、正式に経緯などの調査を開始する方針を明らかにした。

 IOCのマーク・アダムス広報担当は、東京都内での記者会見で「すべての関係者から話を聞き、しっかりと事実を確認したい」と述べた。ベラルーシ五輪委員会などから状況の聞き取りを行うという。

 ツィマノウスカヤ選手は東京の在日ポーランド大使館で保護されており、2日に人道上の理由でポーランドのビザが発給された。ロイター通信がベラルーシの人権団体「スポーツ連帯基金」幹部の話として報じたところによると、4日にワルシャワに向けて出国する見通しだ。

3日、都内の在日ポーランド大使館周辺を警戒する警察官(AP)
3日、都内の在日ポーランド大使館周辺を警戒する警察官(AP)

 一方、在日ベラルーシ大使館は2日、声明を発表し、日本側に情報提供を求めていることを明らかにした。茂木外相は3日の記者会見で「関係機関の協力を得て、身柄の安全確保に努めている」と述べた。

 IOCは、ツィマノウスカヤ選手が今後も競技を続けられるよう、ポーランド五輪委員会とも連絡を取っているという。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2258445 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/03 18:05:00 2021/09/01 19:00:03

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース