ニュース

泉谷駿介と金井大旺が準決勝進出、高山峻野は敗退…110m障害予選

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

陸上男子110メートル障害で準決勝進出を決めた金井大旺(3日、国立競技場で)=関口寛人撮影
陸上男子110メートル障害で準決勝進出を決めた金井大旺(3日、国立競技場で)=関口寛人撮影

 東京五輪の陸上は3日、男子110メートル障害の予選が行われ、4組の泉谷駿介(順天堂大)が13秒28の2着で、5組の金井 大旺(たいおう) (ミズノ)が13秒41の3着で、ともに4日の準決勝に進んだ。

 3組の高山 峻野(しゅんや) (ゼンリン)は13秒98の6着で予選敗退した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2258689 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/03 20:07:00 2021/08/03 20:17:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210803-OYT1I50193-T.jpg?type=thumbnail

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース