ニュース

サニブラウン「なんでこんなに遅かったか」、まさかの21秒41で予選敗退…陸上200 

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

陸上男子200メートルで予選敗退したサニブラウン・ハキーム
陸上男子200メートルで予選敗退したサニブラウン・ハキーム

 これほど自信を失ったサニブラウンを見るのは初めてだ。コーナーから遅れ、ゴール前で諦めたようにスピードを緩めた。21秒41でまさかの予選敗退。「なんでこんなに遅かったか分からない」とぼう然とした。

 「調子が悪かったわけではない」と繰り返したが、20秒08の自己記録から考えると、万全の体調であれば、まずあり得ない記録。6月の日本選手権の200メートルを左太ももの違和感で欠場した影響か、五輪前に150メートル以上の距離を走り込んでいなかったといい、練習不足は明らかだった。

 2015年世界ユース選手権で100メートル、200メートルの2冠を達成。17年世界選手権の200メートルは18歳にして決勝進出を果たした。これまで順調に実績を重ねてきただけに、初出場の五輪での惨敗に「何とも言えない気持ち」とショックを隠せなかった。

 200メートルは2大会連続で全員が予選敗退。100メートルも1976年モントリオール大会以来、45年ぶりに一人も次のステージに進めず1レースで大会を終えており、期待された男子スプリントの不振が際立つ。サニブラウンは「走りの感覚は戻ってきている」と前を向いたが、金メダルを目指す400メートルリレーに向けて相当な奮起が必要だ。(平野和彦)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2259389 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/04 05:00:00 2021/08/04 05:00:00 陸上男子200メートルで予選敗退したサニブラウン・ハキーム(3日、国立競技場で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース