ニュース

ぬいぐるみ350体が応援、仮想PV…レスリング女子金メダリスト輩出の大学

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪で試合に臨む選手たちに応援の気持ちを届けたいと、至学館大学(愛知県大府市)で、ぬいぐるみを集めた「仮想PV(パブリックビューイング)」が始まった=写真=。

 同大は吉田沙保里さんをはじめ、多くのレスリング女子の金メダリストを輩出。東京五輪には土性沙羅(68キロ級)、川井梨紗子(57キロ級)、川井友香子(62キロ級)、向田真優(53キロ級)の卒業生4選手が出場。

 2004年のアテネ五輪からPVを開催しているが、今回はコロナ禍で見送り。学生らの代わりに応援メッセージを掲げたり、必勝はちまきを巻いたりしたぬいぐるみ約350体が教室に集められた。

 学生を代表して、応援団を買って出た野球部の伊藤脩海さん(19)、小柳海晴さん(19)は、「憧れの先輩たちには全力を尽くしてほしい」と、太鼓を打ち鳴らし、声援を飛ばした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2261899 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/04 21:42:00 2021/08/04 21:42:00 階段教室に350体の人形などを置いてレスリングの川井友香子選手を応援する至学館大学の「身代わりパブリックビューイング」(3日午後1時5分、愛知県大府市で)=中根新太郎撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「野球」のニュース

オリンピック 新着ニュース