ニュース

12歳が出場、五輪に年齢制限は?…14歳の浅田真央はトリノに出られず

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スケートボード女子パーク予選で技を披露する開心那(4日、有明アーバンスポーツパークで)=守谷遼平撮影
スケートボード女子パーク予選で技を披露する開心那(4日、有明アーバンスポーツパークで)=守谷遼平撮影

 4日に行われた東京五輪のスケートボード女子パークに12歳の (ひらき)心那(ここな) (WHYDAH GROUP)が出場した。今大会、スケートボード女子ストリートでは、13歳の西矢 (もみじ) (ムラサキスポーツ)が史上最年少で金メダルを獲得しているが、五輪の出場には年齢制限はないのだろうか。(読売新聞オンライン)

 国際オリンピック委員会(IOC)は選手の出場に関し、年齢制限は設けていない。しかし、若すぎて出場できなかったケースとしては、2006年トリノ冬季五輪フィギュアスケート女子での浅田真央が思い出される。

 このとき浅田は、国際スケート連合(ISU)の規定で出場ができなかった。開催前年の7月1日時点で15歳になっていることが、出場の条件で、浅田は1990年9月25日生まれ。わずか3か月ほど足りなかった。

 夏の競技でも、体操、新体操、飛び込み、重量挙げなどの国際競技団体(IF)が、低年齢の選手への過度な身体的負担や精神的重圧を避けることを主な理由に、年齢制限を設けている。

 飛び込みでは今大会、14歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が6日の男子高飛び込みに出場するが、五輪、世界選手権では、大会が開催される年の12月31日時点で14歳に達することが出場条件。玉井は2006年9月生まれで、今大会の年齢資格を満たしているが、世界選手権には出場したことがない。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2260033 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/04 10:44:00 2021/08/04 23:54:42 スケートボード女子パーク予選で演技する開心那(4日、有明アーバンスポーツパークで)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「飛び込み」のニュース

オリンピック 新着ニュース