ニュース

亡命希望のベラルーシ選手が成田空港から出国…報道陣の呼びかけに無言通す

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪にベラルーシの陸上女子代表として参加し、強制的な帰国命令を拒否して亡命を希望していたクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手(24)が4日、成田空港から出国した。オーストリアを経由し、ビザ発給を受けたポーランドに向かう予定だ。

成田空港に到着したベラルーシ代表のツィマノウスカヤ選手(4日午前)=橘薫撮影
成田空港に到着したベラルーシ代表のツィマノウスカヤ選手(4日午前)=橘薫撮影

 ツィマノウスカヤ選手は4日朝、滞在していた東京都内の在日ポーランド大使館を出て、午前8時30分頃、成田空港に到着した。当初はポーランドへの直行便へ搭乗する予定だったが、直前にオーストリアの首都ウィーン行きへ変更した。

 マスク姿のツィマノウスカヤ選手は、空港に到着した後も硬い表情で、報道陣の呼びかけには無言を通した。搭乗口を過ぎると人心地がついたようで、関係者に手を振ってから機内に入った。搭乗機は午前11時15分過ぎに離陸した。

 短距離が専門のツィマノウスカヤ選手は、コーチ陣が勝手に中距離の1600メートルリレーにエントリーしたため抗議したところ、帰国命令が出たという。1日に羽田空港で警察に保護を求め、その後、ベラルーシの隣国ポーランドが人道上の理由から亡命を受け入れると表明した。

 ベラルーシは「欧州最後の独裁者」の異名を持つアレクサンドル・ルカシェンコ大統領が強権統治を敷いている。ツィマノウスカヤ選手は昨年8月、自身のSNSで反政権デモへの支持を表明したこともあり、帰国後に投獄される懸念を示していたが、回避される見通しだ。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2260259 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/04 11:45:00 2021/08/04 11:45:00 成田空港に到着したベラルーシ代表のツィマノウスカヤ選手(4日午前8時27分、成田空港第1ターミナルで)=橘薫撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース