ニュース

[RULES]王侯・貴族のスポーツ「近代五種」…馬は抽選、銃はレーザー

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 フェンシング、水泳、馬術、レーザーラン(射撃とランニング)の5種目を2日間かけて行い、順位を争う。「近代五輪の父」と言われるクーベルタン男爵によって考案され、五輪では1912年ストックホルム大会から実施されている。

 フェンシングは、1日目に「ランキングラウンド」を実施。エペによる1分間一本勝負の総当たり戦を行い、勝率70%を250点として、1勝・1敗あたり6点増減される。2日目の「ボーナスラウンド」は、ランキングラウンドの下位選手から30秒一本勝負の勝ち残り戦をし、1勝につき1点が加算される。

 水泳は200メートル自由形で競う。2分30秒を基準の250点とし、1秒あたり2点増減される。馬術は障害飛越(12障害15飛越)で、300点満点からの減点方式。乗る馬は抽選で決まるため、わずか20分間の試乗で馬と信頼関係を作ることが求められる。

まったく異なる五つの競技を連続して行う
まったく異なる五つの競技を連続して行う

 最終種目のレーザーランは、それまでの3種目の合計点を1点1秒に換算して、上位の選手からタイム差でスタート。10メートル離れた直径約6センチの的に5発命中させる射撃と、800メートルのランニングを4回繰り返し、着順が最終順位となる。

欧州で高い人気

  キング・オブ・スポーツ  欧州では王族・貴族のスポーツとも呼ばれ、高い人気を誇る。しかし日本近代五種協会によると、競技人口は世界で約1万4000人と少なく、日本で5種目すべて行う大会に出場できる選手は約50人しかいない。同協会は、子供向けの体験会を開くなど普及に力を入れている。

  レーザーピストル  かつて射撃ではピストルが使われていたため、日本では自衛隊員や警察官になってから本格的に競技を始める人がほとんどだった。その後、実弾を使わないレーザーピストルに変更。現在は、ランニングとの組み合わせで「レーザーラン」という名称が使われるようになっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2260786 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/04 15:00:00 2021/08/04 15:36:54 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50086-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「馬術」のニュース

オリンピック 新着ニュース