ニュース

非常識だ・選手に失礼…河村市長、ソフト後藤投手の金メダルかじる「愛情表現だ」

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪ソフトボールで金メダルに輝いた名古屋市出身の後藤 希友みう 投手(20)が4日、市役所を訪れ、河村たかし市長から感謝状を受け取った。

後藤投手(右)から金メダルをかけてもらった河村市長は、メダルをかじって周囲を慌てさせた(4日、名古屋市役所で)=木村優里撮影
後藤投手(右)から金メダルをかけてもらった河村市長は、メダルをかじって周囲を慌てさせた(4日、名古屋市役所で)=木村優里撮影

 「大好きな地元に金メダルを持ち帰ることができて本当に良かった」と喜びを語った後藤投手は、チーム最年少ながら予選のカナダ戦で6連続三振を奪うなど活躍。「多くの人に感動や元気を与えられる選手になりたい」と抱負を語った。

 一方、河村市長が後藤投手からかけてもらったメダルをかじり、周囲を慌てさせる一幕もあった。SNS上に「非常識だ」などの批判コメントが多数書き込まれたほか、市役所にも「感染対策を訴えているのにいかがなものか」「選手に失礼だ」などの苦情が数多く寄せられたという。

 河村市長は「かじる行為は最大の愛情表現だった。金メダル獲得はあこがれだった。迷惑をかけているのであれば、ごめんなさい」とのコメントを出した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2261587 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/04 19:07:00 2021/08/05 06:29:56 後藤投手(右)の金メダルを河村市長がかじり、一時騒然に(8月4日、名古屋市役所で)=木村優里撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50171-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ソフトボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース