ニュース

四十住 とっておき540…スケートボード 女子パーク

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

スケートボード女子パークで初代女王に輝いた四十住さくら=守谷遼平撮影
スケートボード女子パークで初代女王に輝いた四十住さくら=守谷遼平撮影

 女子パーク決勝で、四十住さくらが予選を含めて出場選手中唯一の60点台となる60・09をマークし、五輪初代女王に輝いた。12歳の開心那は59・04で2位に入り、夏冬を通じて日本勢史上最年少の五輪メダリストとなった。予選全体1位の岡本 碧優みすぐ (MKグループ)は53・58で4位。銅メダルは日本人の母と英国人の父を持つスカイ・ブラウン(英)。

決勝で大技2回 唯一60点台

 19歳の初代五輪女王は、スケートボードで日本勢3種目連続となる金メダルを飾らない言葉で喜んだ。

 「五輪はもっと緊張するかと思ったけど、意外と緊張せずに滑れた。めっちゃ楽しかった」

 世界選手権など大きな国際大会で何度もしのぎを削るライバルに勝つため、綿密な戦略を立てて臨んだ。

 8人による決勝は予選の得点を持ち越さず、計3回の試技で最も高い得点で争う。四十住は、予選では難度の高い回転技をあえて出さずに抑えた滑りに徹し、仕切り直しとなる決勝でインパクトのあるトリックで高得点を狙った。

 予選で4位となり、下位から始まる決勝の滑走順が5番目となったのも思惑通り。「決勝では先に自分がノーミスで滑ってみんなを待つ感じに。4位くらいがちょうどいい」。最後に登場する予選1位の選手には注目が集まる。初の五輪で重圧がさらに増すことも考えての作戦だったという。

 決勝は1本目から攻めの姿勢を見せた。空中で体を1回転半する大技「540(ファイブフォーティー)」を2度成功させ、最高点の60・09をマーク。疲労がたまる後半の大技は失敗するリスクも増えるが、成功すれば高いポイントを得られる。メンタルの強さを問われる挑戦に成功した。

 縁石を巧みに使うなど足元の技術が持ち味。身体能力の高いライバルに対抗するため、五輪延期後に回転技を習得した。昨秋に和歌山の自宅からほど近い場所に完成した専用練習場で、多い時には1日7時間ほど練習に打ち込んだ。

 屈託のない笑顔の裏には血のにじむ努力があった。若い才能が輝きを競った大舞台で、誰よりも世界を感嘆させるトリックに結実した。(畔川吉永)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2262270 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/05 05:00:00 2021/08/05 05:00:00 スケートボード女子パーク決勝 金メダルを獲得した四十住さくら(4日、有明アーバンスポーツパークで)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210805-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「スケートボード」のニュース

オリンピック 新着ニュース