ニュース

「やりたくなかったけど…寂しいから」レスリング始めたのは姉妹で一番遅かった友香子

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 姉の背中を追い続けてきた妹が、一足先に東京五輪の金メダルを勝ち取った。レスリング女子62キロ級を制した川井友香子選手(23)(ジャパンビバレッジ)。57キロ級の姉、梨紗子選手(26)も決勝進出を決め、「姉妹で金」に王手をかけた。

レスリング女子62キロ級で金メダルを獲得し、日の丸を掲げて笑顔を見せる川井友香子選手(4日、幕張メッセで)=伊藤紘二撮影
レスリング女子62キロ級で金メダルを獲得し、日の丸を掲げて笑顔を見せる川井友香子選手(4日、幕張メッセで)=伊藤紘二撮影

 梨紗子選手はリオデジャネイロ五輪で「金」、1歳下の妹(22)も元選手。レスリングを始めたのは、友香子選手が一番遅かった。

 「本当はやりたくなかったけど、遊び相手がいなくなって寂しかったから」。幼い頃からお絵かきや読書が好きで、今もドライフラワーや手芸を楽しむ。

 活発な梨紗子選手とは対照的に見られてきたが、母親の初江さん(51)は、「表面に出さないだけで、梨紗子に負けないぐらい気持ちが強い」と明かす。

 梨紗子選手の後を追って強豪・至学館高(愛知)への進学を希望していた中学3年の秋。最後の全国大会での負け方が初江さんには「無気力なレスリング」に見えた。「こんな試合をするなら至学館に行っても意味がない。進学はやめなさい」と娘に告げた。

 友香子選手は黙り込んでいたが、数日後、初江さんにはっきり言った。「至学館に行かせてください。強くなりたい」。これが、五輪への大切な一歩になった。

 リオ五輪で梨紗子選手が金メダルを取った時は、姉の背中が遠く感じ、「私には無理だろう」と思っていた。五輪を本気で意識するようになったのは、2018年の世界選手権で初めて決勝に進出してからだ。翌年の世界選手権でも3位に入り、代表内定を決めた。

 2人で掲げた目標は「姉妹で金」。梨紗子選手が観客席から見守る中、鋭いタックルで逆転勝利をもぎ取り、「本当に夢みたい。(5日に決勝を迎える)梨紗子にいい形でつなげられた」と声を弾ませた。(森田啓文)

姉妹の恩師、テレビ観戦

 川井姉妹が小中学生時代に腕を磨いた金沢ジュニアレスリングクラブ(金沢市)の筒井昭好代表(62)は、金沢市内でテレビ観戦し、教え子の快進撃を喜んだ。

 クラブでは16人の児童らが川井姉妹を目標にして練習に励んでいるといい、筒井代表は「姉妹での金メダルが2人の夢。妹が達成したことを、姉がしっかりつないでほしい」と、快挙達成に期待を寄せた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2262401 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/05 01:54:00 2021/08/05 07:05:42 レスリング女子62キロ級決勝 キルギスのアイスルー・ティニベコワを破り、金メダルを獲得し、日の丸を掲げる川井友香子(4日午後9時29分、幕張メッセで)=伊藤紘二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210805-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「レスリング」のニュース

オリンピック 新着ニュース