ニュース

金メダルかじった河村市長に「俺だったら泣く」…アスリートから非難の嵐

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「理解できない」「俺だったら泣く」――。名古屋市の河村たかし市長が、ソフトボールの後藤 希友(みう) 選手の金メダルをかじった問題で、アスリートたちから次々と非難の声が上がっている。

 名古屋市出身の後藤選手は4日、河村たかし市長を訪問して金メダル獲得を報告。河村市長が後藤選手からメダルをかけてもらった際に突然かじり、周囲をあわてさせた。SNS上に「非常識だ」などの批判コメントが多数書き込まれたほか、市役所にも「感染対策を訴えているのにいかがなものか」「選手に失礼だ」などの苦情が数多く寄せられたという。

コロナ対策を訴えるボードの前で後藤投手(右)の金メダルをかじった河村市長(8月4日、名古屋市役所で)=木村優里撮影
コロナ対策を訴えるボードの前で後藤投手(右)の金メダルをかじった河村市長(8月4日、名古屋市役所で)=木村優里撮影

 柔道60キロ級で金メダルを獲得した高藤直寿選手はツイッターに「動画見たけど、『カンッ』て歯が当たる音なってるし。自分の金メダルでも傷つかないように優しく扱ってるのに、怒らない後藤選手の心の広さ (すご) すぎ。俺だったら泣く」と投稿。フェンシング元日本代表の太田雄貴さんは「選手に対するリスペクトが欠けている上に、感染対策の観点からもセレモニーさえも自分自身やチームメイトでメダルをかけたりしたのに、『 () む』とは。ごめんなさい僕には理解できません」と非難した。

 ロンドン五輪のバドミントンで銀メダルを獲得した藤井瑞希さんは「私もある…涙でかけた」と、自身も他人にメダルをかじられたことを明かした。河村市長ではない人にかじられたとしたうえで、「口いっぱいにメダル入れられた、、たぶんボケかましてきたんだと思うけど、本当泣きそうなった」と当時の衝撃を振り返りつつ、「その瞬間はショックだったけどしっかり消毒して、たくさんの人に触ってもらってたくさんの笑顔が見れたので、忘れてました。今後このようなことがありませんように」と、「#選手にリスペクトを」のハッシュタグで呼びかけた。競泳元日本代表の伊藤華英さんは「メダルってその選手の生き様ですよ。触ることすら、躊躇いますよ」と、オリンピック選手にとってのメダルの重みを挙げた。

 河村市長は「かじる行為は最大の愛情表現だった。金メダル獲得はあこがれだった。迷惑をかけているのであれば、ごめんなさい」とのコメントを出したが、元プロサッカー選手の武岡優斗さんは「愛情表現とは?????見苦しい言い訳過ぎて…迷惑どうのこうの問題じゃない」と批判した。

 SNSは河村市長を非難する声の中に、「メダルを交換してあげられないのか」との投稿もあったが、「責めたところで綺麗なメダルが戻ってこないし、交換したところで表彰台でかけたメダルは世界に一個しかない」「交換すれば良いでは () まない物だから余計に腹立たしい」と、取り返しのつかない状況を嘆く声も上がっている。

スクラップは会員限定です

使い方
2262732 0 東京オリンピック 2021/08/05 09:55:00 2021/08/05 17:36:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210805-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ソフトボール」のニュース

オリンピック 新着ニュース