ニュース

「五輪史上最高」驚異の世界新、ノルウェー・ワーホルム…男子400メートル障害

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

陸上男子400メートル障害決勝 世界新記録で優勝したノルウェーのカルステン・ワーホルム(3日)
陸上男子400メートル障害決勝 世界新記録で優勝したノルウェーのカルステン・ワーホルム(3日)

 陸上の男子400メートル障害で驚異的な世界新が誕生した。カルステン・ワーホルム(25)(ノルウェー)が自身の世界記録を0秒76更新する45秒94で、金メダルに輝いた。2位の米国選手も従来の記録を上回っており、ワーホルムは「五輪の歴史で最高のレースだったと思う」と胸を張った。

 3日の決勝。号砲前、体をバシバシたたき、気合を入れた。終盤、ライ・ベンジャミン(25)(米)に追い上げられたが、腕を激しく振り、10台目のハードルで突き放した。「最後は足の感覚がなかった」。この種目で母国に初の金メダルをもたらした。

 世界記録は1992年バルセロナ五輪で、ケビン・ヤング(米)が出した46秒78が長く残っていた。ワーホルムは2019年に46秒92まで迫り、今年7月、29年ぶりに記録を塗り替える46秒70をマーク。今回、さらに大幅に更新した形だ。

 世界陸連の基準表によると、男子100メートルでは9秒62に換算され、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)の世界記録9秒58まであと一歩のタイムになるという。ワーホルム自身、10歳代の頃は混成競技が専門で、400メートル障害に絞ったのは約5年前。以来、毎年記録を縮めており、「厳しいトレーニングをしてさらに上を目指したい」と記録更新に意欲を見せた。(平野和彦)

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2263521 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/05 15:00:00 2021/08/05 15:00:00 陸上男子400メートル障害決勝 世界新記録で優勝したノルウェーのカルステン・ワーホルム(3日、国立競技場で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210805-OYT1I50130-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース