ニュース

日本の獲得メダル43個、リオの41個を上回り過去最多に…競歩で2個追加

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

陸上男子20キロ競歩 銀メダルを獲得した池田向希(5日、札幌市中央区で)=冨田大介撮影
陸上男子20キロ競歩 銀メダルを獲得した池田向希(5日、札幌市中央区で)=冨田大介撮影

 東京五輪は5日、ボクシング男子フライ級と陸上の男子競歩20キロで計3個のメダルを日本勢が獲得し、今大会のメダル総数は、最多だった前回リオデジャネイロ大会の41個を上回る43個となった。

 金メダルは既に過去最多を大きく上回る21個。女子種目が11個で、1大会最多だった2004年アテネ大会の9個を上回った。

 野球や5日夜に決勝があるレスリング女子57キロ級、卓球女子団体、空手女子形では銀以上が確定していて、これらを合わせると、「47」に達することが確実になっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2264047 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/05 18:10:00 2021/08/05 18:19:52 陸上男子20キロ競歩 銀メダルを獲得した池田向希(5日午後5時51分、札幌市中央区で)=冨田大介撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210805-OYT1I50161-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「陸上」のニュース

オリンピック 新着ニュース