ニュース

表彰式で国名を言い間違え、「銅」のウクライナ選手を「ROC」と紹介

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は5日、4日に行われたアーティスティックスイミング・デュエットの表彰式で、3位のウクライナ選手を誤ってロシア・オリンピック委員会(ROC)の選手と紹介するミスがあったと発表した。

アーティスティックスイミング・デュエットで3位になったウクライナのマルタ・フィエディナ選手(左)とアナスタシア・サフチュク選手(AP)
アーティスティックスイミング・デュエットで3位になったウクライナのマルタ・フィエディナ選手(左)とアナスタシア・サフチュク選手(AP)

 組織委によると、選手はフランス語、英語、日本語の順で紹介され、フランス語のアナウンスで担当者が国名を言い間違えた。ROCは1位になっており、担当者はすぐに訂正した。組織委の高谷正哲スポークスパーソンは記者会見で、「運営上のミスでおわびしたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2264159 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/05 19:18:00 2021/08/05 19:18:00 Third placed Marta Fiedina and Anastasiya Savchuk of Ukraine celebrate during the medal ceremony of the duet free routine final at the the 2020 Summer Olympics, Wednesday, Aug. 4, 2021, in Tokyo, Japan. (AP Photo/Alessandra Tarantino) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210805-OYT1I50167-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「大会運営」のニュース

オリンピック 新着ニュース