ニュース

きょうだい同一大会「金」は3例目…阿部一二三・詩、高木菜那・美帆

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

レスリング女子57キロ級決勝の後、金メダルを手に満面の笑みを見せる川井梨紗子選手(右)と友香子選手(5日、幕張メッセで)=里見研撮影
レスリング女子57キロ級決勝の後、金メダルを手に満面の笑みを見せる川井梨紗子選手(右)と友香子選手(5日、幕張メッセで)=里見研撮影

 日本のきょうだいが五輪の同一大会で金メダルを獲得するのは、2018年 平昌(ピョンチャン) 冬季大会スピードスケートの姉・高木菜那(日本電産サンキョー)と妹・美帆(日体大職)、今大会の柔道の兄・阿部 一二三(ひふみ) (パーク24)と妹・ (うた) (日体大)に続き、川井梨紗子、友香子で3例目。

スクラップは会員限定です

使い方
2264454 0 東京オリンピック 2021/08/05 21:57:00 2021/08/05 23:56:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210805-OYT1I50227-T.jpg?type=thumbnail

「柔道」のニュース

オリンピック 新着ニュース