ニュース

男子高飛び込みで14歳の玉井陸斗が準決勝進出…西田玲雄は敗退

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

男子高飛び込みで準決勝進出を決めた玉井陸斗(6日、東京アクアティクスセンターで)=上甲鉄撮影
男子高飛び込みで準決勝進出を決めた玉井陸斗(6日、東京アクアティクスセンターで)=上甲鉄撮影

 東京五輪の男子高飛び込みは6日に予選が行われ、日本の14歳、玉井陸斗(JSS宝塚)は6本のトータル374・25点の16位で、上位18人による準決勝に進んだ。5本目までは下位だったが、6本目に高得点を挙げた。

男子高飛び込み予選に出場した西田玲雄の演技(6日、東京アクアティクスセンターで)=原田拓未撮影
男子高飛び込み予選に出場した西田玲雄の演技(6日、東京アクアティクスセンターで)=原田拓未撮影

 西田玲雄(近大)は25位で敗退した。

スクラップは会員限定です

使い方
2267004 0 東京オリンピック 2021/08/06 18:01:00 2021/08/06 18:01:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210806-OYT1I50159-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「飛び込み」のニュース

オリンピック 新着ニュース