ニュース

喜友名「僕も世界一になりたい」、師匠「365日やるけど大丈夫ね?」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

向田「金」…レスリング

バスケ女子 初メダル「銀」以上

空手男子形決勝で圧巻の演武を見せる喜友名諒(6日、日本武道館で)=若杉和希撮影
空手男子形決勝で圧巻の演武を見せる喜友名諒(6日、日本武道館で)=若杉和希撮影
レスリング女子53キロ級で金メダルを獲得した向田真優(6日、幕張メッセで)
レスリング女子53キロ級で金メダルを獲得した向田真優(6日、幕張メッセで)
野中生萌
野中生萌

 東京五輪は第15日の6日、新種目の空手男子形で、 喜友名きゆな 諒(31)( 劉衛流龍鳳会りゅうえいりゅうりゅうほうかい )がスペイン選手を決勝で退け、初代王者となった。レスリング女子53キロ級の 向田むかいだ真優まゆ (24)(ジェイテクト)も決勝で中国選手に逆転勝ちし、金メダルに輝いた。バスケットボール女子の日本は準決勝でフランスに87―71で勝ち、男女を通じ初のメダルを決めた。8日の決勝で米国と対戦する。

野中「銀」、野口「銅」…クライミング

 新種目のスポーツクライミング女子複合は、野中 生萌みほう (24)(XFLAG)が銀、野口 啓代あきよ (32)(TEAM au)は銅と、2人そろってメダルを手にした。卓球男子団体の日本は韓国との3位決定戦を3―1で制し、2大会連続メダルとなる銅。サッカー男子の日本は3位決定戦でメキシコに1―3で敗れ、53年ぶりのメダルには届かなかった。

 陸上男子400メートルリレー決勝で前回銀の日本は、バトンパスのミスで途中棄権となった。

     ◇

 1メートル70、82キロの体がコート(畳)に上がり、大きな目がさらに見開かれると、無観客の日本武道館は一層、静まりかえった。喜友名が金メダルをつかむための突きを繰り出した。

 空手の「形」は、技そのものや一連の動きなどを見る「技術点」と力強さやスピードなどの「競技点」が、計30点満点で評価される採点種目。演武は約100種類の中から選ぶ。喜友名は正確な技術に加えて持ち味の力強さや柔らかさを発揮し、唯一、予選からの4演武で全て28点台を出した。

 沖縄発祥の空手への思いも込めた。東京大会の追加競技だったが、次回パリ大会で外れる。「復活すると信じ、次世代の選手たちのためにも最高のパフォーマンスを」と決めていた。

 5歳の頃、空手を始めた。国内の好選手だった喜友名に中学3年生で転機が訪れる。両親に連れられ、元世界王者の佐久本 嗣男つぐお さんが師匠を務める別流派の道場へ足を運んだ。師匠の実家の2階を改造した12メートル四方の空間で、20~30人の門下生が気合を発散していた。喜友名の求めていた熱気が、そこにあった。佐久本さんに言った。「僕も世界一になりたいです」。佐久本さんは「365日(稽古を)やるけど大丈夫ね?」。喜友名はうなずいた。

 何度も巻きわらを突き、拳に無数の傷痕が刻まれた。海外遠征で同部屋だった選手によると、「朝起きたら、(喜友名は)もう稽古で汗だくだった」。沖縄県出身者で、喜友名は初の五輪金メダリストになった。

 試合後、コートの中央に正座して深々と頭を下げた。表彰式で、2019年に乳がんのため57歳で亡くなった母の遺影を掲げた。「今は、全てに感謝しかない」。大きな目から鋭さは消え、柔らかな達成感が浮かんでいた。(今井恵太)

スクラップは会員限定です

使い方
2268055 0 東京オリンピック 2021/08/07 05:00:00 2021/08/07 07:41:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210807-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「空手」のニュース

オリンピック 新着ニュース