ニュース

[海外Watch]インド メダルに高い関心

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

バドミントン女子シングルス準々決勝でプレーするインドのシンドゥ・プサルラ(7月30日)
バドミントン女子シングルス準々決勝でプレーするインドのシンドゥ・プサルラ(7月30日)

 バドミントン女子シングルスで銅メダルを獲得したインドのシンドゥ・プサルラ(26)は、前回大会でも同種目で銀メダル。インドの女子選手として初めて、五輪2大会連続のメダル獲得となった。3日、ニューデリーの空港に降り立つと、太鼓を打ち鳴らす国民から祝福を受けた。

 ただ、今大会のメダル獲得は5日現在で、銀2個に銅3個。これまでの五輪での戦績も含め、人口約13億人の大国に釣り合っていない印象だ。その理由については、「スポーツより教育という風潮」や、五輪競技ではないクリケットに「人気が集中し過ぎている」といった分析が出ている。

 インドの五輪への関心は高い。フランスの調査会社が実施した世論調査で、インドでは70%が東京五輪に「関心がある」と答え、対象28か国でトップだった。同調査では、88%が選手に対する新型コロナウイルスワクチンの優先接種を「支持」した。インド政府は今後の五輪招致にも強い関心を持っているとされる。

 ホッケー五輪代表の元主将はこう語った。「メダルを取れば、家まで道路が通り、大金や名誉を手にできる。インドでは今も五輪に対する『夢』がある」。世界で最も勢いがあるとされるインドは、国を挙げて選手強化を本格化させている。次の五輪でも目を離せない。(ニューデリー支局 小峰翔)

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2268719 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/07 15:00:00 2021/08/07 15:00:00 バドミントン女子シングルス準々決勝で山口茜と対戦するインドのシンドゥ・プサルラ(30日、武蔵野の森総合スポーツプラザで)=若杉和希撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210807-OYT1I50123-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「新型コロナ」のニュース

オリンピック 新着ニュース