ニュース

比代表の笹生、通算10アンダー…ゴルフ

 
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

ゴルフ女子最終ラウンド フィリピン代表としてプレーする笹生優花(7日、霞ヶ関カンツリー倶楽部で)守谷遼平撮影
ゴルフ女子最終ラウンド フィリピン代表としてプレーする笹生優花(7日、霞ヶ関カンツリー倶楽部で)守谷遼平撮影

 最終ラウンドが行われた女子。フィリピン代表として臨んだ笹生優花が6月に全米女子オープンを制した実力を見せた。初日に3オーバーと出遅れたが、2日目以降に三つ、四つと伸ばし、この日も17番でイーグルを奪うなど好調を維持し、通算10アンダーでホールアウトした。

 快挙後、周囲に変化があった。「全米女子チャンピオンと呼ばれ、私を名前で呼んでくれなくなった」。ただ、当の本人は変わらない。「重圧はない。一番大切なのはゴルフを楽しむこと」。五輪でも、同組選手の技を見て学ぼうとする謙虚さは相変わらずだった。

 今回はアマチュア時代から代表でプレーしたフィリピンを選択したが、五輪後は日本国籍の選択も検討している。ジュニアの頃から畑岡奈紗と国際大会でしのぎを削り、全米女子のプレーオフでも戦った笹生。3年後、2人が日の丸を背負って共闘しているかもしれない。(福井浩介)

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2268727 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/07 15:00:00 2021/08/07 16:03:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210807-OYT1I50151-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「ゴルフ」のニュース

オリンピック 新着ニュース