ニュース

ゴール前で何度も振り返り「頑張れ」…ソマリア出身の2人が銀と銅

  
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 8日に札幌市内で行われた東京五輪の男子マラソンで、銀メダルのアブディ・ナゲーエ(32)(オランダ)と、銅のバシル・アブディ(32)(ベルギー)は、世界選手権を含めても初めてのメダルだった。2人は、国が違っても一緒に練習をするチームメート。ゴール前では、先を行くナゲーエがアブディの方を何度も振り返り、右腕を振りながら、「頑張れ」と言い続けたという。

2位でゴールするオランダのアブディ・ナゲーエ(右)。左端は3位のベルギーのバシル・アブディ(8日午前9時9分、札幌市中央区で)=松本拓也撮影
2位でゴールするオランダのアブディ・ナゲーエ(右)。左端は3位のベルギーのバシル・アブディ(8日午前9時9分、札幌市中央区で)=松本拓也撮影

 残り3キロになっても余裕があったという2位のナゲーエは、「最後の800メートル、もっと行きたい思いもあった。ただ、バシルが脚がつっていると分かっていたから彼を励ましていた」と明かした。

 そのアブディは「最後の3キロはとてもきつかったが彼が声をかけてくれていた。練習から僕らは競い合い、お互いを鼓舞してきた。それがチームメートというもの。彼が2位で僕が3位で、とてもうれしい」。4位のケニア選手を、わずか2秒差でかわした裏には、同じソマリア出身で同い年の練習パートナーの後押しがあった。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2270552 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/08 12:18:00 2021/08/09 11:52:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210808-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「マラソン」のニュース

オリンピック 新着ニュース