ニュース

「虐待では?」馬を殴った独代表コーチに非難の声…「ルールに無理がある」の意見も

   
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪の近代五種の馬術で、選手が乗った馬を殴ったドイツ代表コーチのキム・ライズナー氏をめぐり、SNSでは「馬に対する虐待では」という議論が起きている。世界的にも問題視する声が大きくなり、国際近代五種連合がコーチの処分と正式声明を出す事態に発展した。

東京五輪の近代五種の馬術で「セントボーイ」に騎乗するドイツのアニカ・シュロイ選手(6日、ロイター)
東京五輪の近代五種の馬術で「セントボーイ」に騎乗するドイツのアニカ・シュロイ選手(6日、ロイター)

 6日に行われた近代五種女子で、ドイツ代表アニカ・シュロイ選手が馬術で騎乗した馬「セントボーイ」は、競技の前からシュロイ選手の言うことを聞かなかった。ライズナー氏は競技の直前、馬の後ろ足の付け根あたりを右のこぶしでたたき、それが中継映像に映った。競技中もシュロイ選手は泣きながら鞭でたたくなどしたが、馬はいくつかの障害を跳び越えることを拒否し、結局0ポイントに終わった。

 国際近代五種連合は7日に発表した声明で、ライズナー氏が馬をたたいたことを非難し、「その行為は、五輪を含む全ての近代五種競技で適用される競技ルールに違反している」として東京大会の出場資格をはく奪した。イギリスの新聞「ガーディアン」は、セントボーイはシュロイ選手の乗る前、ロシアの選手が騎乗していたことに触れ、「その時も馬はジャンプすることを拒否していた。ロシア選手の騎乗が馬にとってトラウマになっていた」と報じている。

 これ対しツイッターでは、たたかれた馬に対し、「 可哀想(かわいそう) 」「虐待する人は罰を受けて当然」という意見があった。一方で、「これが虐待扱いされるんなら馬術でも競馬でも鞭なんて一発も打てなくなる」と監督を擁護する投稿もみられた。

 近代五種のルールにも疑問が上がった。乗る馬は抽選で決まり、わずか20分間の試乗で馬と信頼関係を作ることが求められることから、「競技ルールそのものに無理がある」といった声や、「そもそもスポーツに馬使ってるのは動物虐待じゃないのですか」などの意見も投稿された。海外でもSNSで同様の議論が巻き起こっている。

 国際近代五種連合は8日にも声明を発表。短い時間で馬と信頼を作ることは「近代五種を特別で感動的にするドラマチックな光景」で競技には必須だとし、そのうえで「馬や選手の安心・安全をさらに重視する」と改めて表明している。

無断転載・複製を禁じます
関連キーワード
スクラップは会員限定です

使い方
2270967 0 東京オリンピック2020速報 2021/08/08 19:34:00 2021/08/08 20:00:22 Tokyo 2020 Olympics - Modern Pentathlon - Women's Riding - Tokyo Stadium - Tokyo, Japan - August 6, 2021. Annika Schleu of Germany reacts before being eliminated REUTERS/Ivan Alvarado https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210808-OYT1I50109-T.jpg?type=thumbnail
続きを読む

「馬術」のニュース

オリンピック 新着ニュース